Beauty Effect

美容効果
​紅茶の4つの美容効果について
美白効果

紅茶に含まれている「ハイドロキノン」は、シミやそばかすの原因となるメラニンを作り出す細胞メラノサイトの働きを抑制します。「ハイドロキノン」には優れた美白効果があり、シミやそばかす、お肌の色ムラ等を改善させる働きを持っています。
一般的な美白成分に比べかなり強力な美白効果を持つハイドロキノンは、皮膚科で処方されたり美白化粧品に配合されたりしている有名な成分で、紅茶には豊富に含まれています。

老化防止

紅茶には身体の中がサビるのを抑制する、優れた「抗酸化作用」があります。
身体の中がサビてしまうと、様々な体内機能の低下やシミ・しわ・動脈硬化や生活習慣病などを引き起こす恐れが高まります。
そこで役立つのが紅茶の中に含まれている「紅茶フラボノイド」「テアフラビン」といった抗酸化作用を持つ成分で、身体の中にサビが発生しないようにしてくれる以外にも、コラーゲンが破壊されるのを予防してくれるなど、老化防止に効果があります。

ストレス解消

紅茶に含まれているカフェインは、中枢神経の興奮を抑え疲労回復やストレス解消にも効果があるとされています。また、アミノ酸の一種である「テアニン」という成分は、中枢神経や脳に効果的に働きかけるα波を発生させ、ストレスを解消させる効果があります。

美肌効果

紅茶に含まれている抗酸化作用やストレスに効果的な成分は、肌を若々しく保つ美肌効果につながっています。さらに紅茶には「カルシウム」「ビタミン群」「ミネラル」といった美肌に欠かせない成分も豊富に含まれています。これらの栄養素はお肌のターンオーバーを正常化し、皮膚や粘膜を健やかに保ってくれる効果があります。