How to Ice Tea

おいしい紅茶のいれ方
アイスティーの場合

Lanka Kissの紅茶をより美味しく
お楽しみいただくための

おいしい紅茶のいれ方をご紹介します

1. まずはホットティーを作りましょう

まず2倍の濃さのホットティーをつくります。

​2倍の濃さの紅茶とは、茶葉の量はホットティーの時と同量で、お湯の量を半分にすることです。

温めたポットで、しっかりと沸騰させた熱湯を使っていれます。

蒸らし時間は、ホットティーの時より短めに、1分半~2分を目安にしてください。

1杯分は約80mlが目安です。)

2. 茶葉はしっかりと蒸らしましょう

受け皿などでカップにふたをして蒸らします。

甘みをつけるときには、このときにグラニュー糖を加えて、溶かします。

3. 紅茶を冷やしましょう

氷をグラスの口までいっぱいにいれ、2.を氷にあてるように静かに注いでいき、急激に冷やします。

※急激に冷やすことで、香りが逃げるのを防ぎ、透明感のあるアイスティーが出来上がります。

ポイント

氷にあてて急冷することで、香りが逃げるのを防ぎ、透明感のある仕上がりになります。

​アイスティーをソーダやミルクで割る場合には、さらにお湯の量を少なく60ml程度にし、氷をいっぱい入れたグラスに注いで急冷してから、ソーダやミルクを入れましょう。

ホットティーの場合のおいしい紅茶のいれ方はこちら